nekodemo.com

アートマネジメント、舞台照明、表現教育、地域コミュニティ文化、webマーケティング、金融をたしなみたい。趣味だじゃれ。

当たり前な話を書く。

あまり普段見ないジャンルの舞台芸術に触れようと思い、最近は普段自分が見ないジャンルの舞台を見ることにしている。
ノルマのようにチケットを入手し、修行のように劇場をはしごする日々。googleカレンダーに劇場名だけを入れておいたら、その日に自分が何の作品を見るのか覚えていないということも多々ある日々である。作品のジャンルは多種多様。

ここ3ヶ月ぐらいで見たのはこんな感じ。

ストレートプレイ
怒りをこめてふり返れ新国立劇場小劇場
魔都夜曲シアターコクーン
文学座「中橋公館」紀伊國屋ホール
チックシアタートラム
ワーニャ伯父さん新国立劇場小劇場
少年王者舘「シアンガーデン」ザ・スズナリ
ミッドナイト・イン・バリ〜史上最悪の結婚前夜〜シアタークリエ

ミュージカル
ファインディング・ネバーランド東急シアターオーブ
パジャマゲーム日本青年館ホール
シカゴ東急シアターオーブ
ウエスト・サイド・ストーリー東急シアターオーブ
坊ちゃん劇場「52days」新宿文化センター大ホール

歌舞伎
スーパー歌舞伎II「ワンピース」新橋演舞場

その他の伝統芸能
鼓童「若い夏」浅草公会堂

オペラ
神々の黄昏新国立劇場オペラハウス

ダンス
上海歌劇団「舞劇『朱鷺』−TOKI−」オーチャードホール
LENINGRAD HOTELスパイラルホール
信長 ―NOBUNAGA― 東京国際フォーラムホールC

ノンバーバルパフォーマンス
アラタオルタナティブシアター
GEARギア専用劇場
マルタン・ズィメルマン「Hallo」東京芸術劇場プレイハウス

人形劇
たいらじょう「はなれ瞽女おりん」新国立劇場 小劇場


これらを見ている間に海外へ出かけたりもしており、舞台ばかり見ているわけでもないのでなかなか密度の濃い日々である。ご招待いただく作品もあるのだけれどお金もなくなる。

で、超あたりまえのことを書くのだけど、いろんなジャンルを横断して舞台芸術を見ていたら、それぞれの劇場での客層の違いを目の当たりにした。

ここで身も蓋も無いマトリックスを用意する。
観客が、「作品に価値を見出して」見に行くのか、それとも「役者に価値を見出して」見に行くのかでマトリックスにしてみた。

0000

もうこの時点で演劇ファンのこうるさい人たちからブーイングが来るのが目に見えているけれど、戯言だと思って聞いてくれ。続きを読む

プロ野球にまつわる仕事をしていたことがある。
その影響もあって、今でも地方に出かけると、その土地にある野球場が気になってしまう。

先日、福岡に出かけた際、時間があったのでヤフオクドームで開催されていたソフトバンクホークス対楽天イーグルスの試合に当日券を購入して入場してみた。

せっかく福岡に来たので、ホークスの応援をする気まんまんだったのだが、窓口で「一番安い席ください!」と言ったらその席はイーグルスファンが集結するビジター席だった。
仕方ないのでイーグルスを応援するにわかファンの私である。
仙台には先月2回訪問し、通算一週間ぐらい滞在していたので、楽天イーグルスに縁がないわけではない。

しかし致命的なことに、私はイーグルスの選手の名前をよく知らないのである。唯一聞いたことのある名前の選手がいたけれど、甲子園で活躍した高校球児として知ってた名前であって、イーグルスの選手として知っていたわけではない。なのにイーグルスを応援するとは。なんてこった。

IMG_2947
続きを読む

DSCF6584

そして、2017年ヴェネチア・ビエンナーレへ行ってきた。

ヴェネツィア・ビエンナーレ(Biennale di Venezia, 英語: Venice Biennale / Venice Biennial)は、イタリアのヴェネツィアで1895年から開催されている現代美術の国際美術展覧会。イタリア政府が後援するNPOであるヴェネツィア・ビエンナーレ財団が主催し、二年に一度、奇数年に、6月頃から11月頃まで開催されている。ビエンナーレとはイタリア語で「二年に一度」を指す。
この展覧会は、万国博覧会や近代オリンピックのように国が出展単位となっており、参加各国はヴェネツィア市内のメイン会場となる公園やその周囲にパビリオンを構えて国家代表アーティストの展示を行う。国同士が威信をかけて展示を行い賞レースをすることから、「美術のオリンピック」とも称される。
wikipediaより


個人的には、ドクメンタとミュンスター彫刻プロジェクトはコアな現代アートファンしか知らないイベントだと思っている。一方、ヴェネチア・ビエンナーレは比較的一般の人にも知られているかなと思っていた。
そこで一般市民何名かにヴェネチア・ビエンナーレの話をしてみたところ、軒並み「何それ?おいしいの?」という反応だった。そうか、ヴェネチア・ビエンナーレが一般にも有名だと思っていたのは思い込みだったか……。続きを読む

このページのトップヘ