nekodemo.com

アートマネジメント、舞台照明、表現教育、地域コミュニティ文化、webマーケティング、金融をたしなみたい。趣味だじゃれ。

先日、仙台で大学生向けに講演をしてきた。講演にあたり、主催者側から指定されたプレゼンテーマのひとつに「社会を変えるやりがい」というものがあった。
お題を与えられて、はて、何を語ろうかと考えた。結果、これを喋ったほうがいいだろうなと思い、決めたのがこの話だ。

kodoku
↑そのとき使ったスライドの一部。


普段、あっちこっちに興味が向いてしまう私。
だが、その「あっちこっち」のそれぞれに共通しているものがあることに最近やっと気づいた。それが、「孤立を防ぐ」という言葉だ。

私が仕事で人と人とのマッチングをしているのも孤立を防ぐため、だ。
プライベートでいろんな人を集めているのも孤立を防ぐため、だ。
寄付先としてひとり親支援団体や貧困家庭の教育支援団体を選んでいるのも、彼らの孤立を防ぐため、である。
舞台芸術に深く関与しているのも、舞台芸術が多人数での共同作業によるもので、孤立を防ぐ機能を持つからだ。続きを読む

DSCF4762-PANO

辻村深月の小説「島はぼくらと」を読んだ。
瀬戸内海の島を舞台とした小説だ。

瀬戸内海の島には、私はとても思い入れがある。

例えば昔、尾道から船で数十分渡った場所にある とある島に、仕事をしに出かけたことがある。その島で一仕事を終えると、その仕事相手から「飲みましょう」と言われ、連れていかれたのは、その島唯一のレストランだった。地元の人が続々と集まるその場所で、地元食材に舌鼓をうった。気づけば帰りの船の時間はもう過ぎていて、結局その島に泊まることになったのはいい思い出だ。

他にも、今やアートの島としても知られるようになった犬島にお邪魔して在本さんにお世話になったこともある。続きを読む

当たり前な話を書く。

あまり普段見ないジャンルの舞台芸術に触れようと思い、最近は普段自分が見ないジャンルの舞台を見ることにしている。
ノルマのようにチケットを入手し、修行のように劇場をはしごする日々。googleカレンダーに劇場名だけを入れておいたら、その日に自分が何の作品を見るのか覚えていないということも多々ある日々である。作品のジャンルは多種多様。

ここ3ヶ月ぐらいで見たのはこんな感じ。

ストレートプレイ
怒りをこめてふり返れ新国立劇場小劇場
魔都夜曲シアターコクーン
文学座「中橋公館」紀伊國屋ホール
チックシアタートラム
ワーニャ伯父さん新国立劇場小劇場
少年王者舘「シアンガーデン」ザ・スズナリ
ミッドナイト・イン・バリ〜史上最悪の結婚前夜〜シアタークリエ

ミュージカル
ファインディング・ネバーランド東急シアターオーブ
パジャマゲーム日本青年館ホール
シカゴ東急シアターオーブ
ウエスト・サイド・ストーリー東急シアターオーブ
坊ちゃん劇場「52days」新宿文化センター大ホール

歌舞伎
スーパー歌舞伎II「ワンピース」新橋演舞場

その他の伝統芸能
鼓童「若い夏」浅草公会堂

オペラ
神々の黄昏新国立劇場オペラハウス

ダンス
上海歌劇団「舞劇『朱鷺』−TOKI−」オーチャードホール
LENINGRAD HOTELスパイラルホール
信長 ―NOBUNAGA― 東京国際フォーラムホールC

ノンバーバルパフォーマンス
アラタオルタナティブシアター
GEARギア専用劇場
マルタン・ズィメルマン「Hallo」東京芸術劇場プレイハウス

人形劇
たいらじょう「はなれ瞽女おりん」新国立劇場 小劇場


これらを見ている間に海外へ出かけたりもしており、舞台ばかり見ているわけでもないのでなかなか密度の濃い日々である。ご招待いただく作品もあるのだけれどお金もなくなる。

で、超あたりまえのことを書くのだけど、いろんなジャンルを横断して舞台芸術を見ていたら、それぞれの劇場での客層の違いを目の当たりにした。

ここで身も蓋も無いマトリックスを用意する。
観客が、「作品に価値を見出して」見に行くのか、それとも「役者に価値を見出して」見に行くのかでマトリックスにしてみた。

0000

もうこの時点で演劇ファンのこうるさい人たちからブーイングが来るのが目に見えているけれど、戯言だと思って聞いてくれ。続きを読む

このページのトップヘ