nekodemo.com

アートマネジメント、舞台照明、表現教育、地域コミュニティ文化、webマーケティング、金融をたしなみたい。趣味だじゃれ。

六本木ヒルズ盆踊りにいってきた。
盆踊りといえば炭坑節やら東京音頭やらドラえもん音頭が流れるわけだが、今年は東京五輪音頭-2020-という新曲が流れた!



オリンピックに向けてつくられた東京五輪音頭-2020-だけれど、なんと振り付けは井手茂太氏だった。



井手茂太氏といえば、日本を代表するオモシロ振付家だと私は思っておりまして、いい人選だなと思ったわけである。
(たまたま前回書いた記事でも、ちらっと井手茂太氏について言及したところ。)
もちろん、氏の主宰するイデビアン・クルーの公演にも何度か足を運んでいる。

そして今回、六本木ヒルズ盆踊りのやぐらのうえに、井手茂太氏本人が登場し、自ら振り付けの解説をして踊っていた。
しかし!
この振り付けが超難しかった!

IMG_2793
↑井手茂太氏のうしろ姿続きを読む

先日、バニラエアの台湾線に乗った。残念ながら機内トイレに金塊は見つけられなかったが、代わりに座席広告に不思議なものを見つけた。日本語ででかでかと「オル劇」って書いてあるの。しかしオル劇とは何なのか何の説明もない。ぐぐろうにも、LCCの機内ではネットに繋がらない。

しかし気になって仕方ないので、地上に降りてから調べてみた。
どうやらオル劇とは、オルタナティブシアターというやつのことらしい。有楽町に7月7日オープンした、訪日外国人をターゲットにしたノンバーバルパフォーマンス劇場のことのようだ。

訪日外国人向けに広告出稿してるのに、なぜ日本語で書いてあったのかは超謎だけど、そんなことは置いておいて、ついに東京にも訪日外国人向けのノンバーバルシアターができたのかと、わくわくである。

↓よく見たら、ぴあの冊子の裏表紙にも出稿してた。
IMG_2540続きを読む

3ヶ月ほど前のことだ。みんなの保育の日というイベントが東京で開催された。
公式サイトによればこんな日だった。
保育関連業界で働く人、行政政治、メディア、そして子育て中の人から普段子どもと関わる機会はないと思い込んでいる人まで、あらゆるステークホルダーが自分ごととして保育を考え、関わる場を生み出し、「子どもを社会みんなで育てる」ムーブメントを創り出していくスタートの日とします。

ということで、保育業界で働いているわけでもないし子育て中なわけでもないけど、誰でも参加してよさそうだったので私も丸一日参加してきた!
私はこう見えて、意外なことに保育に興味があり、職場で託児所をつくるにはどうすればいいのか調べてみたりしたこともある。そして今でも保育園経営に関わりたいなーとたまに思う。

さてここで、みんなの保育の日イベントで紹介された映像を貼ってみよう。



子どもを見守ってくれている保育士さん、ありがとう!続きを読む

このページのトップヘ