あいちトリエンナーレは、地元の開催ということもあり第1回目から観客として参加しているが、地元ではアート好き以外には知られていない催しだった。
それが、表現の不自由展・その後が物議をかもしたおかげで、一気に知名度を獲得したわけである。
(とはいっても、ニュース報道を見ない人はまったく興味がないのであろう。地元愛知でも知らない人はほんとにあいちトリエンナーレの存在を知らない。)

そんな中、文化庁があいちトリエンナーレ2019へ、補助金を不交付すると言う発表があった。
なんというか、このニュースを聞いたときには、心底 血の気が引いた。

「表現の不自由展・その後」が、さまざまな抗議によって中止に追い込まれた際には、正直、残念だけれどもまぁそんなこともあるかなと思った程度だった。作品を見ていないから論評できなかったという点もあるが、何より安全確保のために動員できる予算に限りがあるのだろうと考えると、表現の自由を守るためと言ってもふんだんに警備費を割くことは現実的ではないだろうと思えたのである。

しかし、文化庁の補助金不交付となると次元が違う。
不交付の理由はなんだかぐだぐだ語られているが、これが市井の人々に「国による検閲」であると捉えられるだろうことは間違いないわけで、果たしてそれが文化行政のやるべきことなのだろうか。特定の表現を国家が認めない(と国民が認識する)って、何時代の話だよ! しかも文化庁のこの方針に異を唱えない(多くは無関心)人が大勢いることに頭が痛くなる。ますます日本オワタ \(^o^)/が進行する。

で、あいちトリエンナーレである。
表現の不自由展・その後が中止されたことに抗議して、さまざまなアーティストがアクションを起こしている。

展示を中止しているアーティスト、見えなくしているアーティストなどがいる。

IMG_0858

これは作品に新聞紙を覆ってしまっている。

IMG_0845

その新聞の中身は、すべて表現の不自由展・その後に関するものである。

IMG_0841

われらが東愛知新聞も登場。
作品を見に来たつもりが、新聞を読んで表現の不自由展について考えてしまうという構成。

IMG_0872

展示を継続しながらも、悩んでいることをそのまま吐露するアーティストもいる。

IMG_0861

私も楽しみにしていた作家のひとり、田中功起作品は、扉の外からしか見られなかった。

IMG_0882

モニカ・メイヤー作品も、展示内容が変更されていた。

IMG_0883

ハラスメントの経験を書いた回答を集め、張り出すことを作品にするという構成だったはずだが、その回答たちを取り外してしまっていた。
床には、書かれるはずだった紙たちが無残に散らばっている。

IMG_0878

ハラスメントを受けても言い出せない世の中と、誰かの表現に脅しをかける人がいる世の中が、二重構造のように感じられた。

一方で、表現の不自由展への意見表明はなく、粛々と続けられている展示もある。
われらが豊橋技術科学大学出身・トモトシ作品「Dig Your Dreams.」は、デイリーポータルをほうふつとさせるノリで際立っている!

IMG_0851

さて、表現の不自由展・その後に対しては、なんかいろんな人が怒ってるらしい。聞くところによると政治思想がはっきりしているところが問題とか聞くけど、そういうのを見てあーだこーだ言うのがいいんじゃないか。
野田秀樹が公立劇場で天皇制にちゃちゃを入れる作品を作ったり、会田誠が公立美術館で総理大臣を小ばかにする作品を作ったり、かつても著名アーティストが公金を使った場所で挑発的な作品制作をしたことはあった。アートはどうしても現状から見えづらいところを掘り起こす機能があるから、保守層には煙たがられるわけだけど、そのアイロニーこそ分かってほしい。

私もなぜか会員になっているON-PAMの抗議に賛同しました。