nekodemo.com

アートマネジメント、舞台照明、表現教育、地域コミュニティ文化、webマーケティング、金融をたしなみたい。趣味だじゃれ。

art

山中カメラという名前のアーティストがいる。
その山中カメラ氏の作品をおさめた書籍というかCDが先日発売された。

山中カメラ氏は、盆踊り(BON-DANCE)をいろいろな地域で作っているサイトスペシフィックなアーティストのひとりだが、その各地の盆踊りをCD化して発売したというわけだ。

このCDには11曲が収録されているのだが、その中でもやはりどうしても何度も聞いてしまうのは別府最適音頭だろう。

別府最適音頭は、大分は別府で開かれた芸術祭「混浴温泉世界」(2009年)で披露された作品である。

じつは私も初披露のそのとき、別府にいた。
別府タワーで開催された別府最適音頭のお披露目は、本当に本当に異常な盛り上がりだった。盆踊りだし、その場にいた人たちみんなで踊りだすの。しかも何度も。

あの場にいた人の多くは、きっと私と同じようにあの瞬間を忘れていないのではないだろうか。
そこにいたのは200人くらいだったそうだが、たまたま自分がそういう場にいられたのは奇跡だなと思う。

続きを読む

あいちトリエンナーレは、地元の開催ということもあり第1回目から観客として参加しているが、地元ではアート好き以外には知られていない催しだった。
それが、表現の不自由展・その後が物議をかもしたおかげで、一気に知名度を獲得したわけである。
(とはいっても、ニュース報道を見ない人はまったく興味がないのであろう。地元愛知でも知らない人はほんとにあいちトリエンナーレの存在を知らない。)

そんな中、文化庁があいちトリエンナーレ2019へ、補助金を不交付すると言う発表があった。
なんというか、このニュースを聞いたときには、心底 血の気が引いた。

「表現の不自由展・その後」が、さまざまな抗議によって中止に追い込まれた際には、正直、残念だけれどもまぁそんなこともあるかなと思った程度だった。作品を見ていないから論評できなかったという点もあるが、何より安全確保のために動員できる予算に限りがあるのだろうと考えると、表現の自由を守るためと言ってもふんだんに警備費を割くことは現実的ではないだろうと思えたのである。

しかし、文化庁の補助金不交付となると次元が違う。
不交付の理由はなんだかぐだぐだ語られているが、これが市井の人々に「国による検閲」であると捉えられるだろうことは間違いないわけで、果たしてそれが文化行政のやるべきことなのだろうか。特定の表現を国家が認めない(と国民が認識する)って、何時代の話だよ! しかも文化庁のこの方針に異を唱えない(多くは無関心)人が大勢いることに頭が痛くなる。ますます日本オワタ \(^o^)/が進行する。続きを読む

みんな大好き演劇集団キャラメルボックスが活動休止を発表した。
そして、キャラメルボックスの公演の企画をしていた株式会社ネビュラプロジェクトが破産開始決定を受けた。

キャラメルボックスといえば演劇界では知らない人はいない劇団である。

そんなキャラメルボックスで私が特に覚えている公演といえば、2011年、東日本大震災の後に行われた緊急公演である。
簡単に言うと、東日本大震災の影響でキャラメルボックスは資金繰りが悪化し、キャッシュを確保するために急遽公演を行ったわけである。
公式には資金繰り云々とは書かれてないが、経営がヤバそうだというのは当時の観客たちの共通認識だったと思われる。


via 演劇集団キャラメルボックス「銀河旋律」の観てきた!クチコミとコメント
「夏の扉」公演中に起きた東北大震災の影響で、
その後の観劇動員数・チケット売り上げが激減、
劇団設立以来の存続の危機に直面しているというキャラメルボックス。

巻き返すには、とにかく芝居を打つしかない!というわけで
急遽公演が決まった演目の一つです。
続きを読む

東京にいなくても、なぜか私のパソコンは東京設定になっていて、radikoでJ-WAVEが聞けてしまう。ラジオっ子の私である。

少し前の話になってしまうが、J-WAVEが初めて演劇製作に乗り出した。
ラジオ界では、自社ホールを持つTOKYO FMは既にお芝居をつくっているし、天下のTBSラジオもたまに小劇場的な作品を作っている、あるいは協賛している。しかしJ-WAVEがお芝居をつくるのは初めてなのだそうだ。

今回のJ-WAVEのそれは、ゴジゲンと一緒につくる作品だった。
ゴジゲンといえばゴーチブラザーズがマネジメントしている劇団である。ゴーチブラザーズといえばもともと阿佐ヶ谷スパイダーズの制作であり、阿佐ヶ谷スパイダーズといえばTOKYO FMホールでの作品もつくり、主宰自身がTOKYO FMでしゃべってたりラジオ界に関係が深い。
作品の出演者はオーディションで選ばれていたが、それでもやはりゴーチブラザーズ所属の玉置玲央氏(柿)や市川しんぺー氏(猫ホテ)が出演していた。

作品名は「みみばしる」である。

というわけで、私も東京で時間があったときに、この「みみばしる」を本多劇場まで見に出かけた。
IMG_0535
↑本多劇場のロビーに作られたラジオのスタジオっぽいもの
続きを読む



映画「クレイジー・リッチ!」(原題:Crazy Rich Asians)を見た。

話の筋はよくある王道シンデレラストーリーなのであるが、着目すべきはなんといってもこれがアジア人によるアジアを舞台にした映画ということであろう。
もちろんこれまでもアジアを舞台にした映画はあったが、アジア人が正統派の金持ちとして描かれ、蔑まされた対象としてのアジア人ではなく、一般描写の対象としてのアジア人が登場するところがミソだ。
冒頭シーンからして、アジア人を見下す白人の意識をあからさまに描いており、この映画が、これまでのヒット映画で描かれてきたアジア人像をひっくり返すことを意識していたことは間違いない。続きを読む

↑このページのトップヘ