nekodemo.com

アートマネジメント、舞台照明、表現教育、地域コミュニティ文化、webマーケティング、金融をたしなみたい。趣味だじゃれ。

art

みんな大好き演劇集団キャラメルボックスが活動休止を発表した。
そして、キャラメルボックスの公演の企画をしていた株式会社ネビュラプロジェクトが破産開始決定を受けた。

キャラメルボックスといえば演劇界では知らない人はいない劇団である。

そんなキャラメルボックスで私が特に覚えている公演といえば、2011年、東日本大震災の後に行われた緊急公演である。
簡単に言うと、東日本大震災の影響でキャラメルボックスは資金繰りが悪化し、キャッシュを確保するために急遽公演を行ったわけである。
公式には資金繰り云々とは書かれてないが、経営がヤバそうだというのは当時の観客たちの共通認識だったと思われる。


via 演劇集団キャラメルボックス「銀河旋律」の観てきた!クチコミとコメント
「夏の扉」公演中に起きた東北大震災の影響で、
その後の観劇動員数・チケット売り上げが激減、
劇団設立以来の存続の危機に直面しているというキャラメルボックス。

巻き返すには、とにかく芝居を打つしかない!というわけで
急遽公演が決まった演目の一つです。
続きを読む

東京にいなくても、なぜか私のパソコンは東京設定になっていて、radikoでJ-WAVEが聞けてしまう。ラジオっ子の私である。

少し前の話になってしまうが、J-WAVEが初めて演劇製作に乗り出した。
ラジオ界では、自社ホールを持つTOKYO FMは既にお芝居をつくっているし、天下のTBSラジオもたまに小劇場的な作品を作っている、あるいは協賛している。しかしJ-WAVEがお芝居をつくるのは初めてなのだそうだ。

今回のJ-WAVEのそれは、ゴジゲンと一緒につくる作品だった。
ゴジゲンといえばゴーチブラザーズがマネジメントしている劇団である。ゴーチブラザーズといえばもともと阿佐ヶ谷スパイダーズの制作であり、阿佐ヶ谷スパイダーズといえばTOKYO FMホールでの作品もつくり、主宰自身がTOKYO FMでしゃべってたりラジオ界に関係が深い。
作品の出演者はオーディションで選ばれていたが、それでもやはりゴーチブラザーズ所属の玉置玲央氏(柿)や市川しんぺー氏(猫ホテ)が出演していた。

作品名は「みみばしる」である。

というわけで、私も東京で時間があったときに、この「みみばしる」を本多劇場まで見に出かけた。
IMG_0535
↑本多劇場のロビーに作られたラジオのスタジオっぽいもの
続きを読む



映画「クレイジー・リッチ!」(原題:Crazy Rich Asians)を見た。

話の筋はよくある王道シンデレラストーリーなのであるが、着目すべきはなんといってもこれがアジア人によるアジアを舞台にした映画ということであろう。
もちろんこれまでもアジアを舞台にした映画はあったが、アジア人が正統派の金持ちとして描かれ、蔑まされた対象としてのアジア人ではなく、一般描写の対象としてのアジア人が登場するところがミソだ。
冒頭シーンからして、アジア人を見下す白人の意識をあからさまに描いており、この映画が、これまでのヒット映画で描かれてきたアジア人像をひっくり返すことを意識していたことは間違いない。続きを読む



アンドロイド・オペラ『Scary Beauty』を見てきた。日本初演。
いわゆるロボット(アンドロイド)が人間のオーケストラ相手に指揮をし、歌を唄うというコンサートである。
こんなの誰が見にくるのかなと思ったらたくさん人がいてびっくり。知り合いにも遭遇。というか知り合いが関わってた。芸術系の人にも会ったが、テック系の人もちらほらという感じだった。

ロボット(アンドロイド)は大阪大学の石黒浩先生と、東京大学の池上高志先生によるもので、音楽は渋谷慶一郎氏による。
石黒先生と池上先生によるアンドロイドは、昨年の文化庁メディア芸術祭の際に拝見し、特に顔の能面ぽさと、逆説的にその顔のリアルさに背筋が凍ったのだが、今回はその改良版であるオルタ2というアンドロイドが登場していた。
アンドロイドがこういったショーを演じるというと、前述の石黒先生と、青年団の平田オリザ氏がタッグを組んだアンドロイド演劇も記憶にあるところだが、アンドロイド演劇なんてたしか初回のあいちトリエンナーレの頃に上演してたから、もうすぐ発表から10年が経つ。あれからアンドロイドは進化をしている。続きを読む

某aokiさんという人がいる。aokiはaokiでも親戚ではない。舞台芸術ギョーカイの人だ。
そのaokiさんのツイートが目に入った。



ということで、公共ホールをはじめとした公共施設の評価問題に関するツイートだ。
そしてじつは、この問題は、私も若かりし頃にずっと考えていたことでもある。

私は学生のときに、どのように公共ホール(公共劇場)を評価したらいいのか勉強していて、卒論もそれをテーマにして書いた。
ここでその卒論の内容を引用しながら当時の考えと結論を発表しよう。続きを読む

↑このページのトップヘ