nekodemo.com

アートマネジメント、舞台照明、表現教育、地域コミュニティ文化、webマーケティング、金融をたしなみたい。趣味だじゃれ。

art

NEWS23で、愛知県立刈谷東高校演劇部の特集をやっていた。
「不登校児が演劇部で自らの体験をもとにした朗読劇を上演した」という話題だ。

高校演劇というと、いまだに一般社会からみるとロミオとジュリエットのイメージがあるし、あるいは現代劇をやる場合でも、劇団四季的なイメージや学芸会的要素のものと勘違いされることも多い。
しかし実際は、生徒が自ら台本を創作し、自らセリフを書き、自ら演技・演出をつけることも多い。その台本の題材も、学園ものからファンタジー、時代ものや現代社会を風刺したような内容、不条理劇まで多岐に及ぶ。

そんな高校演劇のなかで、刈谷東高校演劇部は、自らにもっとも近い題材として学園ものを選んだ。しかも「不登校もの」を選んだ。
演劇部の彼ら・彼女らは、自らが不登校だった経験があり、それをもとに朗読劇をつくりあげたのだ──。

続きを読む

今年もこの季節がやってきた。
2月の終わりは、文化庁メディア芸術祭の季節である。
続きを読む

先週、中学生・高校生対象の演劇ワークショップの講師として呼ばれ、ある高校へ行ってきた。私の役割は、「舞台照明」ワークショップの講師だ。
高校演劇の照明サイトネコでもわかる照明の部屋の運営をはじめ、高校演劇に片手間ながら関わってきた甲斐あって、こういうリアルワークショップの講師として呼んでもらえる機会にも恵まれるのだ。
続きを読む

↑このページのトップヘ