nekodemo.com

アートマネジメント、舞台照明、表現教育、地域コミュニティ文化、webマーケティング、金融をたしなみたい。趣味だじゃれ。

映画「あのこは貴族」を見た。

前半は、貴族と一般人とのギャップが描かれる。

貴族である華子が松濤に住みながら家事手伝いで不自由なく暮らしている一方、一般人である美紀は、富山の地方生まれで学費を自分で工面しなければならないほどの暮らしぶりである。この対比の感覚、見たことある。

ちなみに台詞の中には出てこないが、美紀の地元の駅として登場したのは富山の魚津駅である。台詞の中だけで登場する「アピタ」なんて、松濤には存在するはずもない典型的な地方商業施設であり、北陸方面の地方都市によく見られる歩道上アーケード形式のシャッター商店街や、同窓会が開かれるホテルの宴会場の安っぽい感じとか、じつに地方感あふれた絵が登場する。

松濤の華子のほうは、現実的にはいくら松濤に住む開業医の娘と言っても、トイレの汚い安居酒屋に驚くようなことは無いんじゃないかと思うのだけれど、デフォルメされた貴族の姿として至極納得できる。

続きを読む

文化系人たちが悶絶していると聞いて、映画「花束みたいな恋をした」を見た。

文学、音楽、漫画などのサブカル固有名詞がたくさん出てくるところが、ひとつのキャッチ―さとなって文化系の人たちがざわついているのだけれど、文化系じゃない人が見ると、サブカルの細かな話ではなく、男女がどんどんすれ違っていくという大雑把なストーリーで語られるんだろうな。

劇中では、映画「ショーシャンクの空に」やアーティストのONE OK ROCKという言葉も出てくるわけだが、サブカルな話題に寄ってそうで全然寄ってない、いわばサブカル系との断絶を意味するこれらの作品名やアーティスト名の選択を「ぷぷぷ」と笑えるかどうかが試金石となりそうである。続きを読む

シアターコモンズ21のツアーパフォーマンス、高山明/Port B「光のない。ーエピローグ?」を体験した。

この作品は、2012年にフェスティバルトーキョーで上演された作品のリクリエーションである。
当時のフェスティバルトーキョーをプログラム・ディレクターとして手掛けていたのが相馬千秋さんであったわけだが、今回シアターコモンズで再び手掛けたのも相馬さんである。

新橋のディープスポット「ニュー新橋ビル」をスタート地点にして、観客が新橋エリア内の指定された場所に赴き、ラジオの周波数をあわせて流れてくる音声(台詞)に耳を傾ける、という構成である。内容は、福島の原発の話だ。

IMG_2184続きを読む

↑このページのトップヘ