「被災地に自分で行って、自分の目で見てきたほうがいいよ。」と何人かに言われた。
特に、岩手、宮城、福島県出身の人にはそれを強く何度も言われた。
彼らは地震後、自分の実家に帰るなどして自分の目で現地を見ている人たちだ。

ネットを巡回していれば現地の写真や映像を目にすることはできるが、自分の目で見たものではない。もし自分がそこに出かけても、ボランティアでもないただの野次馬だ。この野次馬根性は現地の人に迷惑かとも思った。しかし現地出身の人から強く「見にいったほうがいい」と言われたことを言い訳にして、自分の目で見に行く決意を固めた。

DSC_0340
DSC_0340 posted by (C)nekodemo

これは七ヶ浜で見た景色。
現地では、地元出身や地元在住の友人にお願いして案内してもらった。
この地にゆかりのない自分ですら、景色を見て少なからずショックを受けたのだが、特に地元出身者は昔の景色を知っているのだから、なおさらショックを受けただろう。

DSC_0085
DSC_0085 posted by (C)nekodemo

これは石巻で見た景色。
震災から間もなく3カ月が経過し、おそらくこれでも相当片付けられている状況なのだろうが、まだまだ復興まで時間がかかることを予感させる。

DSC_0292
DSC_0292 posted by (C)nekodemo

ちなみに塩釜の名店シェヌーでフレンチを食べてきた。
おいしいものがある町だし、現地でたくさん消費をしてこないとね。
塩釜でお寿司も食べたんだけど、お寿司屋さんの大将(?)には「こんな状況だからこそこっちでいっぱい観光していってください!」とも言われたのであった。

DSC_0300
DSC_0300 posted by (C)nekodemo